私の考えるホスピタリティ

皆さんこんにちは。楽々園店で薬剤師をしております一ノ瀬です。

私は、いつでもどんな患者さんに対しても、最善の仕事ができるように準備をしておきたいと思っています。

『目の前の一人ひとりの患者さんに、どれだけ真剣に向き合えるか?』

本人が気付いていない副作用に気付けるか

ほんとうに困っていることを把握できるか

小さな情報をひろい上げることができるか

そのためには、薬や病気の知識はもちろんのこと、患者さんのために医師と交渉する技術、ケアマネさんや看護師さんに相談できる関係、あらゆるものを身に付けて、仕事のために備えようと思っています。

いくつ年をとっても、学び続ける専門家でありたいと思います。

何が最善かを決めることはとても難しく、答えはひとつではありません。

たくさんの知識や考え方を学び、患者さんに納得いただける提案をしたいと思います。

いつでもひとつひとつの仕事を丁寧に行いたいと思います。

相談してよかったと患者さんに思っていただけるように。

よい仕事をしたと自分が納得できるように。

薬剤師は社会の中のひとつの仕事です。 仕事に忙殺され、嫌になったり、憂鬱になることもあるでしょう。

しかしそんな私を支えるのはいつも患者さんからの感謝の言葉です。 それは、目の前の一人ひとりの患者さんに、ほんとうに真剣に向きあった時でなければ得られないのです。

 

次はライフ店事務の友石さんです。よろしくお願いします。


Press & News